カテゴリ:
IMG_2982


やった!今週の仕事を全部消化しました。
これで大手を振って連休に休むことができます。


お休みに入る前に「会議に参加する」について少々。



「セルフモニタリング」はいつでもできるわけではありません。
できる時もあるし できていないこともある。

「できていないこともある」と書いたのは
いつの間にか 出来てない(意識しないうちに)から。



さて。
モニタリングができる となれば
すごい!となるのかもしれませんが,モニタリングにもレベルがあるようです。


たとえば
モニタリングを得意とする人がいたとします。

会議の場で自分たちの様子をモニタリングしていました。

モニタリングができるので,グループの状態を客観的に見ることができて
「なぜ話し合いが進まないのか」
「どうして話がずれてしまうのか」を把握して,
そのことをグループに説明ができます。


しかし,モニタリングをしている自分は
果たしてグループの中でどういう影響を持つ存在なのでしょう。

話し合いよりもグループの動向ばかりに気を取られて
それが他のメンバーのやる気を削いでいるかもしれません。

人のことをモニタリングできても
自分のことをモニタリングできていないということになります。



イタチごっこみたいな話ですが
モニタリングというスキルには そんなリスクも潜んでいると思います。



まぁ
何にだって リスクは潜んでいるそうですから
卵だって 鶏だって 同じようなものだと言われそうですが
それでも 理性を持って自分を調整できるようになれば
(モニタリングに夢中になっているときは 実は理性より関心の方が強いので感情的とも言える)
また違うのだろうな と思います。

そういう仮説を得ることができたので
早速現場でも この仮説(気づき)を取り込んでいこうと思います。




   では皆様  素敵な週末を