カテゴリ

カテゴリ:ビジネススキル

ケーススタディの進め方 

カテゴリ:


ケーススタディは
サービス業・製造業など多くの業界で実施されている職場内学習法です。

頻繁に実施されるのに
「うまくいかない」
「問題が分散してしまう」
「愚痴の言い合いになってしまう」
「これまで持っていた結論で終始してしまう」
「そもそも話し合いにならない(できない)」
など 問題も多いようです。


それを打破しようと ケーススタディの学習法の習得に乗り出している企業や団体さんがいます。

昨日はその習得のための研修を担当しました。


ケーススタディ学習法はコツのようなものがあって
そのコツというのが 別の言い方をするとケーススタディのキモになりますから
コツを抑えるのも大事なこと。

それと そもそもケーススタディとは どういう性質のものかということの理解もしておくと
実施がしやすくなります。


ま。そんなことを 研修を通して 参加者の皆様と共有していきました。


IMG_2487

途中で 出て来た ゼリーのお菓子


   (またまた 食べ物の写真 

IMG_2488

アイコ と言う名の トマト


研修が終わって見上げた空は 真っ赤に染まっていました。
IMG_2489

IMG_2490



まだ交通事情が回復していないこともあって
昨日も渋滞に遭いながら帰宅すると
もう21時もまわっていました。


昨日も元気に働きました。
ありがとうございました。


今日もガッツで研修をして来ます。
今日のお題は 
プレイングマネージャのための相談業務 と言うお題です。
明日まで二日間 取り組んでまいります。


  よろしくお願いします。







 

「オフィスコミュニケーショントレーニング」改訂版が出ることになりました。

カテゴリ:


ナカニシヤ出版さんから出ている
「オフィスコミュニケーショントレーニング」
 拙書の改訂版が出ることになりました  

  表紙の色が少し変わる予定
  (今はピンク色)

   
原稿は提出して いまは編集してもらっています。
9月くらいには発売が開始されると思います。


またお知らせいたします。

  ↓ 今はピンク色の表紙

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_37eb

国語表現 深し。

カテゴリ:




ツイッターで「毎日新聞校閲グループさん」がとても勉強になる&面白い投稿をされるので良くリツイートをさせていただいています。
今日は「おさえる」の言葉についてアップされていました。

  押さえる
  と
  抑える

自分も いつも どっちかな? と悩んでしまいます。
そして結局ひらがなを使うというズルイ手段にでますσ^_^;


「押さえる」は物理的に押さえる時に使うそうです。
ということは,「抑える」は抽象に対して使用すれば良いということかな?
そういう分け方をすると良いのかな?
いや。それだと柔道の「抑え込み」は「押さえ込み」ということになる。


  う〜む。


  やっぱりわからん。


日本語表現は 深いのであった。



↓ まだまだ産毛がいっぱいの 生まれたてのスイカ

IMG_2292
 

 

仕事のことで 思ったこと

カテゴリ:



昨日の仕事は 
びっくりするようなことがあったけど
そのあとの 自己管理がうまくできたので
よかったと思います。


仕事を進めていこうと思ったら
自分の感情や考え方などに 折り合いをつけることも大事ですね。






庭に植えているスイカが
 ↓ こんな感じに。
 
IMG_2150

トマトも ↓

IMG_2152


あ。わたしが育てているのではなく
母の作品でございます 



質問力

カテゴリ:



今日は「メッセージの細分化」というテーマで
問いかけることについてのビジネスコミュニケーションの講義をしました。



自分が苦手で何年(というか20年近く)取り組んでいるテーマですから
そういう意味では 講義のネタはたんまりあります。




うまくいかなった例
うまくいった例 

問いかけることのメリット
問う行為の目的

質問の種類
場面ごとの質問


などなど

よくまぁ ベラベラベラベラ と 次から次へと話せたもんです。


      



久しぶりに 饒舌まるこで 爽快な気分になりました。




  いい香り  

IMG_2133

このページのトップヘ

見出し画像
×